夫婦と親

婚約指輪をつくろう|世界に一つしかない指輪

お姫様になる瞬間

準備中の新婦

純白のドレス

結婚が決まれば、女性にっとって何よりも楽しみなのが純白のウェディングドレスです。真っ白なドレスには、まだ何色にも染まっておらず、あなた色に染まりますというメッセージが込められているそうです。確かに、白には清潔や純粋というイメージがあるので、白のウェディングドレスを着た花嫁は純真無垢な印象を受けます。他にも、白は悪を祓うという意味や気分を一新するという意味もありまず。日本古来の白無垢も文字通り白なので、花嫁にはぴったりな色なのでしょう。結婚式に出席する側のマナーとしても、白いドレスや、白に近い紛らわしい色はダブーとされています。それは、純白のドレスは結婚式の主役しか着ることが許されない特別なものだからです。

白は一色ではない

結婚が決まれば、式場によっては花嫁のカラー診断をしてくれます。これは、花嫁の肌の色に一番合う色の種類を調べるものです。例えば、ピンク一つとっても、ショッキングピンクやサーモンピンクのように色の濃さなどに違いがあります。単にピンクのドレスでもどの種類のピンクを選ぶかによって、花嫁の顔の印象が変わってくるのです。これは、ドレスだけでなくアイシャドーや口紅などのメイクにも関わってきます。普段の服装やメイクの参考にもなるので、これを機に一度自分に合う色を調べてみるのも良いでしょう。ウェディングドレスも様々な白があります。真っ白なものからクリーム色がかったものまで様々です。一生に一度しか着られないものですから、自分が一番綺麗に見えるウェディングドレスを見つけてください。